同じ失敗を繰り返す原因(理由)と対処法


 ●自分では十分に気をつけているはずなのに、何度も同じ失敗をしてしまうことがあります。

 このページでは、同じ失敗を繰り返してしまう原因(理由)と対処法についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。

 総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから


スポンサーリンク


 失敗を自分の成長に生かすことができれば、自分のスキルアップにもなりますし、周囲の評価も逆転します。

 「失敗してもやっぱり、どこか違うね、あの人は!」となるのです。



●同じ失敗を繰り返してしまうのはなぜ?

 人間は誰でもいろんな失敗をします。世界中のどこを探しても、一度も失敗したことがない、何のミスも犯したことのない人など、おそらくただの一人もいないでしょう。

 だから、何か失敗をしてしまったとしても、ミスを犯したとしても、自分をだめな人間だと責める必要なんか、まったくありません。その失敗やミスから学ぶべきものをすべて学び、同じ失敗やミスを繰り返さなければいいのです。

 むしろ、ひとつの失敗やミスは、”ここのところが足りていないよ”ということを知るための、神様からのプレゼントだとも言えます。


 けれど、同じ失敗やミスを何度も繰り返してしまう人は、たとえそれがほんの些細なものであっても、見過ごしにできない重要な意味を含んでいるということに気づかなければなりません。


 なぜなら、その人は、同じ失敗やミスを繰り返すことで、その失敗やミスを軽く考えているということ、周りの人に迷惑をかけても平気な人間であるということを繰り返し周囲の人に印象付けてしまっているからです。


 同じ失敗やミスを繰り返すのは、その失敗やミスが繰り返されることによってもたらされる大きなリスクに対する意識が希薄だということです。


 失敗やミスをしてしまうことは人間ですから仕方のないことかもしれません。

 けれど、防げたはずの失敗やミスを繰り返すのは、その人の自覚の足りなさが原因です。どんな言い訳があろうと、これは、仕事でもプライベートでも、大きなマイナスです。

 人は単に失敗した、ミスを犯したということだけでその人への信頼を失ったりはしません。

 その失敗やミスに、どう向き合ったかによって、さらに信頼感を増したり、信頼できないと感じたりするのです。


 ほんとうに自分が心から望む幸せや成功を手に入れたいと考えているのなら、失敗やミスそのものよりも、その失敗やミスを再び繰り返さないためにどうするのかということを、具体的に明確に肯定的に決めること、覚悟を決めることが大切です。

 でなければ、ほんとうに人の助けが必要になったとき、誰の協力も得ることができなくなります。

 では、後半で、同じ失敗を繰り返さないための方法をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク


●(当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。)

物事がうまくいくコツがわかる本の一覧はこちらから

自分に自信をつけるコツがわかる本の一覧はこちらから

成功の秘訣がわかる本の一覧はこちらから



●同じ失敗を繰り返さないための対処法

 同じ失敗やミスを繰り返してしまう人に多く共通しているのは、その失敗やミスそのものに対して真剣に反省はするけれど、そこから何も学ぼうとしないということ、「今後は、十分に気をつけます」という宣言だけで終わらせてしまっているということです。

 「これからはちゃんと気をつけよう」という真摯な思いはもちろん必要ですが、その失敗やミスの原因を知り、どのような方法で防ぐのかについての具体的な方法と行動にまで至らなければ、いずれまた同じ失敗やミスを繰り返してしまいます。

 失敗やミスからのフィードバックがきちんとできていないと、本来防げたはずの同じミスや失敗を何度でも繰り返してしまうことになります。


 なぜ、どのようなプロセスでその失敗やミスが起きたのか、その原因の本質はどこにあるのか、その原因やプロセスは、さらに大きな失敗やミスにつながる可能性があるのか、ないのか。

 そして、その原因やプロセスを自分の中から排除するためには何をどのようにすればいいのかについて、きちんと検証し、それを自分の生き方や作業スタイル、仕事のやり方に組み込むということに意識を向けてみてください。


 そうでなければ、せっかく苦い思いや痛い思いをして得た体験を生かすこともできませんし、周囲の人に「何も学んでいない」という印象を与えてしまうことになります。

 とくに職場では、失敗やミスをしたということよりも、そこから何も「学べない人」という印象が致命的なマイナスになります。


 けれど、失敗を自分の成長に生かすことができれば、自分のスキルアップにもなりますし、周囲の評価も逆転します。

 「失敗してもやっぱり、どこか違うね、あの人は!」となるのです。


●確認の動作・行動を習慣化するということ

 会社や組織として失敗やミスを防ぐ場合、失敗の起きにくい環境の整備や人的、機械的なセンサー機能の整備といったシステムとしての取り組みが考えられますが、個人レベルでできる失敗やミスを防ぐ方法としてもっとも効果的なのは、やはり確認の徹底です。

 とはいえ、確認のための行動を意識して取りつづけることは予想以上に難しいものです。そこで有効な手段として用いられるのが、確認動作の習慣化です。


 たとえば、車を運転しているとき、運転者は自分の車の前方や後方、左右の状況にいつも気を配っています。

 交差点に差し掛かれば、歩行者の動きにも細心の注意を払いながら通行しますね。

 こうした気配り、目配りは初心者の方は別として、ベテランになればなるほど、ほとんど無意識のうちに行っています。

 なぜなら、それはその人の運転操作の中にしっかりと組み込まれているから。だから、ことさら意識しなくてもできるのです。


 つまり安全な運転のための確認動作が習慣化されているのですね。だから意識しないでもそのための一連の確認の動作が自然にできるのです。

 もちろん、もしひとたび事故を起こしてしまったら、取り返しのつかないことになるという強い意識が働いていますから、動作だけを漫然とやっているわけではありません。

 目や耳はちゃんと見るべきところを見ていますし、耳も周りの音に対して敏感に機能しています。


 失敗やミスを繰り返さない方法も、これとまったく同じです。


 たとえちいさな失敗やミスでも、繰り返すことで誰かに迷惑をかけてしまう、誰かの大切な時間を奪ってしまうという意識があれば、自分に対して「誰だって失敗やミスはするものさ」と言えなくなります。

 失敗やミスを防ぐための具体的な方法が、自動車の運転操作の場合と同じように、自分の生き方や、仕事のプロセスの中に組み込まれていれば、ことさら意識しなくても間違いに気づきやすくなります。


 具体的な組み込み方は、それぞれの状況によっても違いますので、一概にはいえませんが、間違いや失敗が起きやすい状況での確認行動を習慣化する、かんたんに言えば”癖”になるまで繰り返すということです。


 最初は意識しなければできなかった確認動作は、繰り返すことで習慣化され、無意識のうちに注意が向くようになります。

 確認動作を習慣化することで、同じ失敗やミスを犯してしまうことを限りなくゼロにすることができるのです。


失敗やミスは、神様がくれた学びのプレゼント。その学びを、自分の生き方やふだんの生活の習慣のなかに組み込むということを心に留めてみてください。



 失敗やミスは、言い換えれば、苦い思いや痛い思いをして得た貴重な体験であり、あなたの財産なのです。その体験を自分の成長のために最大限に生かさなければもったいないですよね。お互いがんばりましょ!

 最後まで読んでくださったこと、こころから感謝しています。あなたの心から望む幸せが、一秒でも早く叶えられますように。

スポンサーリンク


 がんばらなくても成功する人、がんばっても成功しない人。その違いは、ほんのわずかなことなのです。

 当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。


スポンサーリンク




  心から望むものに気づいていますか?   潜在意識を味方につけるイメージングの方法
  物事がうまくいかないほんとうの理由  プラス思考の落とし穴
  自信をなくしてしまう理由と自信を取り戻す方法  やる気が出ない理由と対処法
  上司と合わないときの7つの対処法   話すことが苦手なあなたに伝えたい考え方と対処法
  ちいさな花が教えてくれるもの  内面も大事、外見も大事なその理由


  自分の短所や欠点に悩むときの考え方と対処法  短所や欠点を長所に変える方法
  本物のモチベーションを手に入れる方法  人に嫌われているように思う投影の心理
  失敗を恐れる気持ちに打ち勝つ方法  同じ失敗を繰り返してしまう理由と対処法
  いじける人の心理と欲求・接し方

  気持ちが焦る時の対処法  潜在意識を活用する最も簡単で効果的な方法
  虚栄心を味方につける  トラウマ(心的外傷)と対処法
  オズボーンの法則の活用法  リンク集
  プライバシー・ポリシー  当サイトと”私”について

物事がうまくいくコツがわかる本の一覧はこちらから自分に自信をつけるコツがわかる本の一覧はこちらから
成功の秘訣がわかる本の一覧はこちらから

トップページはこちらから

Copyright(C) 幸せと成功へのステップ All rights reserved.

inserted by FC2 system